<専門家がわかりやすく解説>
事業主・フリーランス向け
コロナ不況を乗り切るための情報ネット

新型コロナウイルス感染症(COVID19)による経済的影響を受けたフリーランス・小規模事業主に役立つ融資・助成金や経営の知識を、さまざまな専門家が解説するウェブサイトです。
マイベストプロ公式Twitterアカウントでも情報を発信しています。

免疫力をあげよう!経営者やフリーランスに試してほしい腸活&温活

2020年6月11日

経営者やフリーランスは体が資本!ウイルスに感染しないように気を付けている経営者さんやフリーランスの方はとても多いかと思います。
感染症から身を守るカギは「免疫」!そこで本記事では、免疫力を整える「腸活」と「温活」についてご紹介します。どれも簡単な方法なので、健康が重要な経営者さんやフリーランスさんはぜひ挑戦してみてくださいね。

★免疫力アップにおすすめの腸活&温活方法まとめ

  1. 発酵食品で腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善しょう!
  2. ストレッチで腸の動きを活性化しよう!
  3. 発酵食品や根菜で体を内側から温めよう!
  4. 入浴で体を温め免疫力を強化しよう!

腸活・温活が免疫をアップさせる理由

①腸活
腸内環境を整える「腸活」で免疫力がアップする理由。それは、免疫細胞の70%は腸に存在しているからです。
②温活
免疫細胞は体温が上がると活性化することがわかっています。そのため、体を温める「温活」も免疫力アップに有効なのです。
※参考
乳酸菌生成エキス研究室LABO:https://bandscorp.jp/learn/labo/function/07/
サワイ健康推進課:https://kenko.sawai.co.jp/healthy/200909-02.html

自宅で「腸活!」のやり方

●食事で腸活する方法

①善玉菌を増やす発酵食品・食物繊維を意識的にとりましょう
腸の免疫細胞を元気にするのは「善玉菌」です。善玉菌を活性させるには、お味噌や納豆・麹・キムチ・ヨーグルトなどの「発酵食品」がおすすめです。意識して毎日の食事に取り入れましょう。
さらに、「食物繊維」を一緒に摂ると、善玉菌が増えて腸内環境が良くなります。また、よく噛んで食べることも大事です。唾液が多く分泌されると免疫機能が高まるとされています。

②できるだけ添加物の入っていない・少ないものを選びましょう
食品を買う際は表示成分を見て、添加物が入ってないもの・入っていても少ないものを選んでみてください。

==========【お味噌の例】========
お味噌に関係する食品添加物には、以下があります。

  • 味付けのための調味料(アミノ酸等)
  • 保存料(ソルビン酸)
  • 色を白く見せるための漂白剤(次亜硫酸Na)

など。

しかし味噌は、本来は保存料がなくても日持ちするものです。保存料等を使用しているものは、発酵期間が短く、味噌本来の栄養価が充分でない可能性が考えられます。「大豆」「米」「食塩」だけで作られている味噌が理想的です。
=========================

とはいえ、添加物が何でもかんでも悪いわけではありません。同じく味噌でいうと「酒精」という添加物は、発酵アルコールのことで、これ以上の発酵を止めるための目的で添加されています。ただし、そのアルコールの原料に遺伝子組み換えのトウモロコシが使われている場合があります。こういったものはできれば避けていただきたいと思います。
ケースバイケースな部分があるため戸惑われるかもしれませんが、まずは深く考えずに成分表を見てみることから始めてみてください。気になったものは調べてみると、意外な発見があって楽しいかもしれません。

ストレッチで腸活方法する方法

ストレッチも腸活におすすめです。日頃から運動不足の方はとても多いと思います。とても簡単ですのでぜひ続けてみてください。

【腸活に効くストレッチのやり方】

  1. 仰向けに寝転びます。
  2. 足の裏を床につけたまま、まっすぐ膝を立てます。
  3. 両手を横に広げて、手のひらを上に向けます。
  4. その状態で、まっすぐ上を向いたまま、息を吐きながら立てた膝をゆっくり片側に倒します。そのときに、手のひらを下に向けてください。
  5. 膝を戻して、手のひらも上向きに戻します。
  6. 今度は、息を吐きながら反対側に膝を倒して、手のひらも下に向けます。
    寝る前などに、2往復やってみてください。

※参考動画のご紹介:https://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00182.html

自宅で「温活!」のやり方

食事で温活をする方法

温活にも、先ほどご紹介した「発酵食品」が効果的です。このほか、薬膳料理の考え方で、ショウガやカボチャ・レンコン・ゴボウ・ニンジン・トウガラシなどの土の中で育つ根菜や冬が旬の野菜が良いとされています。煮物やきんぴらにすると食べやすく、食事の副菜にぴったり。おいしく食べながら体を温めることができます。

お風呂は「腸活・温活」を同時にできるオススメ手段!


温活&腸活には、入浴がおすすめです。体温が1度下がると、免疫力はなんと30%以上も低下するといわれています。夏の冷房などで体が冷えてしまったら、お風呂にゆっくり浸かって体を温めましょう。

【免疫力アップに効果的な入浴方法】
就寝の30分~1時間前に、40度のお湯に15分程度入浴するのがおすすめです。

夏場は特にシャワーで済ませる方が多いと思いますが、できるだけ湯船に浸かりましょう。ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、血行促進や体温アップ効果のほか、新陳代謝も促されます。
また、睡眠不足は免疫力を低下させる原因のひとつです。入浴すると副交感神経が優位になるので、睡眠の質が上がり、免疫力アップに繋がります。

まとめ

今回は、今日から自宅で始められる「腸活」「温活」をご紹介しました。腸には免疫細胞が多く、免疫細胞は体温が上がると活性化します。食事面では、発酵食品が腸内環境を整えてくれる上に体温の保持にも役立ちますので、ぜひ取り入れてみてください。そして、体の外側からは、腸を動かすストレッチや入浴で体温&免疫力アップを。
ウイルス対策は、これから先も考え続けていかなければならない大事なテーマとなるでしょう。物理的な感染予防はもちろんのこと、体の免疫機能を上げてウイルスに負けない体づくりに挑戦していきましょう。

キーワード: フリーランス, 事業主, 健康, 温活, 腸活

TOPページに戻る

プロフィール画像
ヘアケアマイスター
柏倉 一郎さん (CRESE)
プロフィールホームページ
SHARE