<専門家がわかりやすく解説>
事業主・フリーランス向け
コロナ不況を乗り切るための情報ネット

新型コロナウイルス感染症(COVID19)による経済的影響を受けたフリーランス・小規模事業主に役立つ融資・助成金や経営の知識を、さまざまな専門家が解説するウェブサイトです。
マイベストプロ公式Twitterアカウントでも情報を発信しています。

【政府の給付金を受けたいフリーランス・事業主向け】持続化給付金まとめ

2020年4月23日

【政府の給付金を受けたいフリーランス・事業主向け】持続化給付金まとめ

この記事ではコロナ不況の対策として政府からの給付金を受け取りたいフリーランス・事業主さんに活用いただきたい、「持続化給付金」について、現役の中小企業診断士の岡本洋平がわかりやすくご説明します。

持続化給付金とは・融資の条件・問い合わせ先などをご紹介します。

持続化給付金とは?

持続化給付金とは、新型コロナウィルスの影響で売上が大きく減少しているフリーランス・個人事業主・中小企業を対象に、それぞれ上限100万円・200万円の給付金を支給する制度です。

令和2年度補正予算の成立が前提となりますが、早ければ5月上旬には申請が開始され、5月中旬から下旬に支給が開始されます。特に売上の減少が大きい事業者の方は必ず申請しておきましょう。

関連:「【早急に資金が欲しい事業主向け】新型コロナウイルス感染症特別貸付とは」
https://covid19.mbp-japan.com/34/

給付金を受けとる条件は?

分類
  • 中堅企業
  • 中小企業
  • 小規模事業者
  • フリーランスを含む個人事業者
  • その他各種法人
    (医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など)
売り上げ条件 新型コロナウィルス感染症の影響により売上が前年同月比で50%以上減少している事業者が該当します。
売上の減少は2020年1月~12月のうち、ひと月でも前年同月比で50%以上減少している月があれば該当します。

資本金10億円以上の大企業を除き、中堅、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を対象とする予定と発表されています。

開業間もない事業者や確定申告を行なっていない事業者については、現時点で明確なアナウンスがされておりませんので、続報をお待ちください。

融資の内容は?

法人 上限200万円
個人事業主 上限100万円

なおフリーランスは開業届を出していない個人事業主のため、上記では100万円に該当します。

売上減少分はどう計算するの?申請方法は?

売り上げ減少分は、以下の計算式で算出しましょう。

前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

売上減少分の金額と給付金上限額のうち、いずれかの低い金額が支給されます。

申請方法はオンライン申請が基本となります。申請方法が分からない方のために、完全予約制の申請支援窓口も設置される予定です。随時、中小企業庁の公式ウェブサイトをご確認ください。

【最新情報が発表されました】(2020年4月28日追記)
こちらにてオンライン申請方法をご確認いただけます。

持続化給付金の申請方法
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html#90
【動画】持続化給付金の申請方法
公式ウェブサイト
https://www.chusho.meti.go.jp/

■どこに相談すればいいの?

この制度は、4月下旬の令和2年度補正予算が成立してから当制度が開始されます。

開始以降は、次の機関にお問い合わせ下さい。

中小企業金融・給付金相談窓口
0570ー783183
公式ウェブサイト
https://j-net21.smrj.go.jp/snavi/event/15689

なお、今回ご紹介した制度に関わらず給付金関係の相談は2020年4月8日より受け付けています。営業時間はコロナの状況に応じて変動しています。お手数ですが公式ウェブサイトをご確認ください。

不明点があれば、紹介したお問合せ先や専門家に、気兼ねなく問い合わせてみましょう。また編集部にまとめてほしい情報があれば、いつでもご連絡ください。

※この情報は2020年4月17日時点の情報です。

編集:小嶋らんだ悠香(株式会社ファーストブランド)

キーワード: フリーランス, 事業主, 給付金

TOPページに戻る

プロフィール画像
中小企業診断士
岡本 洋平さん (SMEビジネスコンサルティング合同会社)
プロフィールホームページ
SHARE

関連記事

【速報】「持続化給付金」の申請が開始。インターネット申請が可能、LINEの相談窓口も (5/1更新)

2020年5月01日

経済産業省は、フリーランスや中小企業などに上限200万円を支給する「持続化給付金」の申請受け付けを開始しました。

プロフィール画像
マイベストプロさん
まちの専門家をさがせるWebガイド

あなたは持続化給付金をもらえる? 試算・書類・確認すべきこと

2020年5月15日

5月1日から受付が始まった持続化給付金。これは、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言によって特に大きな影響を受けている事業者に対して給付されるものです。 事業の継続を支え、再起の糧にするための給付金といえます。給付額は、事業収入(売上)を得ている法人の方は200万円、個人の方は100万円。この記事では、持続化給付金の受給要件や申請の際の必要書類、試算などをご紹介します。

プロフィール画像
今野真輔さん
税理士