<専門家がわかりやすく解説>
事業主・フリーランス向け
コロナ不況を乗り切るための情報ネット

新型コロナウイルス感染症(COVID19)による経済的影響を受けたフリーランス・小規模事業主に役立つ融資・助成金や経営の知識を、さまざまな専門家が解説するウェブサイトです。
マイベストプロ公式Twitterアカウントでも情報を発信しています。

【飲食店向け】初めてのテイクアウト! 新型コロナに負けない販売術を知ろう!

2020年5月15日

休業または営業短縮を余儀なくされている多くの飲食店では、日々の売上を確保するためにテイクアウトを始めているところも多いかと思います。本記事では、テイクアウトメニューを決める際に考えておきたい基本的なポイント・POP制作の知識をご紹介します。すでにテイクアウトを始められている方も、おさらいという意味で、よろしければご覧ください。

★テイクアウトメニューの決め方・ポップの打ち出し方ポイントまとめ★

  1. メニューはイチオシ商品を中心に4種類ほどに抑える
  2. ポップは店頭用と店内用の2種類用意
  3. 「産地・味わい・食感」の3点をしっかり打ち出す

テイクアウトメニューを決める際に考えたいこと

〈1〉ウリの商品を決める

どのお店にも「一番の看板メニュー」があるかと思います。テイクアウトを始める際は、まずはその商品に比重を置きましょう。テイクアウトメニューの数は、ウリの商品1種を含めて、全部で4種類ぐらいが良いでしょう。

あまりに商品を増やすとお店のユニークポイントがぼやけてしまい、“何が魅力のお店なのか”がお客様にストレート伝わりません。しかし、要点を絞ることで、新規のお客様に「○○のお店」と即座に理解されやすくなります。

今回は例として、「国産黒豚の肉汁たっぷりハンバーグ」を推すお店のテイクアウトを考えていきましょう。

〈2〉魅力的なセットメニューにする

今回の例にあげたお店の場合、ハンバーグ単品のテイクアウトだけをしても、お客様の興味は「美味しそう!」で終わってしまいます。

そこで購入意欲を起こしてもらうために、「食べ方をイメージさせるセットメニュー」を作りましょう。例えば、ハンバーグに、「ソース」「サラダ」「ライス」をセットにして、食事メニューとして成立させてみましょう。そうすることで、お客様はご自身がおいしく食事をしているシーンが想像でき、購買意欲が湧いてくるのです。

「国産黒豚の肉汁たっぷりハンバーグ」よりも、「熱々の国産黒豚ハンバーグに濃厚ソースをかけて、サラダと一緒にお召し上がりいただけるセット」と謳う方が魅力的に感じませんか?

より訴求力をアップするために。ポップをつくる際のポイント3つ

打ち出しメニューが決まったら、ポップの作成をしましょう。3つのポイントをご紹介します。

〈1〉2種類用意する

できれば、ポップは2種類用意したいところです。

①店頭に置く用の、テイクアウトしていることを訴求するもの(B2サイズくらい)

②商品詳細訴求用のもの(A4サイズくらい)

今回の例でいうと、①には「○○豚の肉汁たっぷりハンバーグ、テイクアウト販売中!」と大きく書きます。②には、セット内容のソースやサラダの魅力を詳しくアピールします。文字が手書きだと、お店の温かみが伝わっておすすめです。

また、SNSで宣伝する用の画像データもあるとなお良しです。インターネットで無料で作れるサービスもあるので、ぜひ検索してみてください。

〈2〉3つの要素でわかりやすく魅力を訴求する

料理の特徴をわかりやすく訴求するには、以下の3つをポイントにしましょう。

  1. 産地
  2. 味わい
  3. 食感

例えば、「国産黒豚100%」「生姜の旨味」「外はからっ、中はジューシー」と謳えると食欲が湧いてきます。

〈3〉価格よりも「おいしさ」をPRする

今、お客様の視線はまず「価格」よりも「価値」に移っています。値段ではなく「美味しい食事」のイメージが湧く訴求にしましょう。とはいえ、価格の記載は必須なので、バランスを考えてデザインしてください。

お客様の飲食店に対する視点は変化している

今、お客様の期待は、「モノ」から「体験」に変化しています。食べるときのイメージ、味わいや食感が伝わると購入意欲につながります。また、「告知」だけではなく「お店の人の声」も効果的です。例えば一言「チーズを載せたら最高です!」と添えると「よし決めた!」となりやすいですね。

飲食店にとっては大変な時期ですが、テイクアウトを上手に活用すれば、売上確保の切り札になるはずです。
ぜひ今回の例を参考にしてみてください。

編集:小嶋らんだ悠香(株式会社ファーストブランド)

キーワード: テイクアウト, 事業主, 飲食店

TOPページに戻る

プロフィール画像
おもてなし経営・飲食店経営コンサルタント
伊東久さん (株式会社おもてなし経営研究所)
プロフィールホームページ
SHARE

関連記事

テイクアウトを開始するなら! 押さえておきたい3つのPRポイント

2020年5月12日

新型コロナウイルスの影響で外出自粛のあおりを受けた飲食店が、テイクアウトを開始するケースが増加しています。そこで、テイクアウト販売でのPRポイントを3点ご紹介します。

プロフィール画像
三上康一さん
経営コンサルタント

【事例あり】テイクアウトメニューの決め方と価格設定のお話 ~コロナ不況を乗り切るために~

2020年5月12日

新型コロナによる自粛要請の影響により、飲食店として新たにお弁当の販売やテイクアウトを始めた店舗が増えています。そこで、巣ごもり需要獲得のためのテイクアウトメニューの決め方と価格設定のアドバイスをご紹介します。

プロフィール画像
伊勢綾子さん
研修・セミナー講師