<専門家がわかりやすく解説>
事業主・フリーランス向け
コロナ不況を乗り切るための情報ネット

新型コロナウイルス感染症(COVID19)による経済的影響を受けたフリーランス・小規模事業主に役立つ融資・助成金や経営の知識を、さまざまな専門家が解説するウェブサイトです。
マイベストプロ公式Twitterアカウントでも情報を発信しています。

【速報】「持続化給付金」の申請が開始。インターネット申請が可能、LINEの相談窓口も (5/1更新)

2020年5月01日

【速報】「持続化給付金」の申請が開始。インターネット申請が可能、LINEの相談窓口も (5/1更新)

経済産業省は、2020年5月1日にフリーランスや中小企業などに上限200万円を支給する「持続化給付金」の申請受け付けを開始しました。

経済産業省は5月1日に申請があったものについては、最速で5月8日(金)に支給される見通しだと発表しています。なお、通常は申請から給付金の振り込みまで2週間程度かかる見込みです。

▼持続化給付金をもらうための条件などはこちらの記事でご確認ください

関連:【政府の給付金を受けたいフリーランス・事業主向け】持続化給付金まとめ
https://covid19.mbp-japan.com/83/
※一部4月17日時点情報がございます。

申請方法

申請はインターネットで可能です。フリーランスや中小企業の方はぜひご活用ください。

▼申請はこちらから

「持続化給付金」ホームページ
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

ただし5/1(金)現在、アクセスが集中しており、サイトにつながりにくい状況が続いているそうです。少し時間をおいてから再度アクセスをするなど、ご調整ください。

参考動画 持続化給付金に関するお知らせ -申請方法編-
参考動画 持続化給付金に関するお知らせ -事務局ホームページ操作・入力編(中小法人等向け)-

コールセンター・LINEでのサポートも

インターネット申請が困難な方のために、問い合わせに応じるコールセンターやラインアカウントも立ち上がっております。電話は大変込み合う予測がされているため、LINEなどもぜひご活用ください。

持続化給付金事業 コールセンター
受付時間:8時30分~19時00分
(5月・6月(毎日)、7月から12月(土曜日を除く)
直通番号
0120-115-570
IP電話専用回線
03-6831-0613
LINEアカウント
LINE ID : @kyufukin_line
持続化給付金事業 コールセンター
参考
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200501003/20200501003.html

必要書類など

申請には以下が必要となります。

また、個人事業主の場合は、以下も準備しましょう。

詳細は、申請ホームページでご確認ください。

※この情報は2020年5月1日時点の情報です。

編集:小嶋らんだ悠香(株式会社ファーストブランド)

キーワード: フリーランス, 事業主, 給付金

TOPページに戻る

プロフィール画像
まちの専門家をさがせるWebガイド
マイベストプロさん (株式会社ファーストブランド)
プロフィールホームページ
SHARE

関連記事

【政府の給付金を受けたいフリーランス・事業主向け】持続化給付金まとめ

2020年4月23日

コロナ不況の対策として政府からの給付金を受け取りたいフリーランス・事業主さんに活用いただきたい、「持続化給付金」について、現役中小企業診断士の岡本洋平が詳しく解説します。

プロフィール画像
岡本 洋平さん
中小企業診断士

あなたは持続化給付金をもらえる? 試算・書類・確認すべきこと

2020年5月15日

5月1日から受付が始まった持続化給付金。これは、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言によって特に大きな影響を受けている事業者に対して給付されるものです。 事業の継続を支え、再起の糧にするための給付金といえます。給付額は、事業収入(売上)を得ている法人の方は200万円、個人の方は100万円。この記事では、持続化給付金の受給要件や申請の際の必要書類、試算などをご紹介します。

プロフィール画像
今野真輔さん
税理士