<専門家がわかりやすく解説>
事業主・フリーランス向け
コロナ不況を乗り切るための情報ネット

新型コロナウイルス感染症(COVID19)による経済的影響を受けたフリーランス・小規模事業主に役立つ融資・助成金や経営の知識を、さまざまな専門家が解説するウェブサイトです。
マイベストプロ公式Twitterアカウントでも情報を発信しています。

【早急に資金が必要な事業主向け】新型コロナウイルス感染症特別貸付まとめ

2020年4月21日

【早急に資金が必要な事業主向け】新型コロナウイルス感染症特

この記事では早急に資金調達が必要な方に活用いただきたい、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」について、現役の中小企業診断士の岡本洋平がわかりやすくご説明します。
新型コロナウイルス感染症特別貸付とは・融資の条件・問い合わせ先などをご紹介します。

新型コロナウイルス感染症特別貸付とは?

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」とは実質無利子・無担保で、運転資金や設備資金を借り入れできる制度です。売上が5%以上減少している事業者(事業性のあるフリーランスを含む)であれば、緊急性を要しなくとも借り入れができます。資金繰りでお困りの場合はすぐに相談しましょう。

公式ウェブサイト:新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫

融資を受けるための条件は?

融資を受けるための条件

基本の条件

次の条件に当てはまる方は、新型コロナウイルス感染症特別貸付が利用できます。

業歴が1年1ヶ月以上の事業主 最近1ヶ月の売上高が、前年同期比で▲5%以上減少している
業歴が3ヶ月以上1年1ヶ月未満の事業主 次のいずれかに該当している場合、利用できます。(1)最近1ヶ月の売上高が、過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む)の平均売上高より▲5%以上減少している(2)最近1ヶ月の売上高が、2019年12月の売上高より▲5%以上減少している(3)最近1ヶ月の売上高が、2019年10月~12月の売上高平均額より▲5%以上減少している

条件の例外が適応されるケース

売り上げが前年度より上がっていても、以下のようなケースは融資を受けられる可能性があります。

  1. 店舗の増加・合併・業種の転換を行った場合
  2. 短期間に売上増加に直結する設備投資や雇用の拡大を行っている場合

また新型コロナウイルス感染症特別貸付は、日本政策金融公庫によるものですが、同公庫で既に借り入れを行っていた場合も、2020年1月29日以降の借り入れで、基本の条件を満たしていれば利用が可能です。

そのほかの場合も融資対象になるケースがあるので、後半でご紹介する相談窓口、もしくは中小企業診断士のような専門家に積極的に相談をしてみましょう。

条件に当てはまらないケース

創業後3ヶ月未満の方は、新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資は利用できません。一方で、創業して間もない方向けの新規開業資金や女性・若者・シニア起業家支援資金などがあります。事業主に応じた融資制度があるので、中小企業診断士のような専門家に相談をしてみましょう。

融資の内容は?

上限額 個人事業主や小規模企業が6,000万円、その他中小企業が3億円
据置期間(※) 最長5年。利子は別の制度(特別利子補給制度)と組み合わせることで3年間実質無利子となります。4年目以降は0.21~0.46%の有利子です。

※据置期間とは元金を返さなくても良い期間を指します。

どこに相談すればいいの?

日本政策金融公庫か商工中金にお問い合わせください。

ただし現在(2020年4月17日時点)、日本政策金融公庫の窓口は大変混雑しています。融資が実行されるまでに1~2ヵ月程度かかると予想されますので、特にお急ぎの方は商工中金に相談してみましょう。

日本政策金融公庫
平日 日本公庫事業資金相談ダイヤル:0120-154-505
※沖縄で事業を営む方に限り、以下にご相談ください。
沖縄公庫融資第二部中小企業融資第一班:098-941-1785
土日祝 日本公庫:0120-112476(個人事業主、小規模企業など)
0120-327790(その他中小企業)

※沖縄で事業を営む方に限り、以下にご相談ください。
沖縄公庫:098-941-1795

備考 最寄りの各支店でも問い合わせ可能です。
以下URLより最寄り支店をご確認ください。
店舗案内|日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/n/branch/index.html
商工組合中央金庫(商工中金)
平日・土日祝日 0120ー542ー711
公式ウェブサイト https://www.shokochukin.co.jp/

なお、営業時間はコロナの状況に応じて変動しています。お手数ですが公式ウェブサイトをご確認ください。

お申し込み手続きに必要な書類情報など

なお、この制度は2020年4月17日時点では申込期限はありません。必要書類はこちらのURLに記載がありますのでご確認ください。

◆新型コロナウイルス感染症特別貸付のご提出書類・お申込手続き
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_info_a.pdf
◆(参考)日本政策金融金庫 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html

繰り返しになりますが、不明点があれば、紹介したお問合せ先や専門家に、気兼ねなく問い合わせてみましょう。また編集部にまとめてほしい不明点があれば、いつでもご連絡ください。

※この情報は2020年4月17日時点の情報です。

編集:小嶋らんだ悠香(株式会社ファーストブランド)

キーワード: フリーランス, 事業主, 新型コロナウイルス感染症特別貸付, 無利子, 無担保, 融資

TOPページに戻る

プロフィール画像
中小企業診断士
岡本 洋平さん (SMEビジネスコンサルティング合同会社)
プロフィールホームページ
SHARE

関連記事

【今後に備えて借り入れしたい事業主向け】信用保証付き融資における保証料・利子減免まとめ

2020年4月23日

コロナ不況の対策として緊急ではないけど、今後に備えて借り入れを検討したい方に活用いただきたい、「信用保証付き融資における保証料・利子減免」について、現役中小企業診断士の岡本洋平が詳しく解説します。

プロフィール画像
岡本 洋平さん
中小企業診断士

【政府の給付金を受けたいフリーランス・事業主向け】持続化給付金まとめ

2020年4月23日

コロナ不況の対策として政府からの給付金を受け取りたいフリーランス・事業主さんに活用いただきたい、「持続化給付金」について、現役中小企業診断士の岡本洋平が詳しく解説します。

プロフィール画像
岡本 洋平さん
中小企業診断士